こんにちは。作編曲家のサカモトです。

 

 

前に僕が楽曲提供をさせて頂いた

バンドさんがいるのですが、

僕の曲がMV化されるようです!

 

 

デモ版を見せてもらったんですけど

かっこよすぎて軽く涙が出るくらい感動しました。

 

 

自分の曲に映像が付くのって

こんなに嬉しいことなんだと実感しました。

 

 

またMVが公開されたら再度告知しますね!

お楽しみに!

 

 

今回は、最近の歌詞についてある発見をしたので

それを書きたいと思います。

 

 

これはあくまで僕の個人的な印象なんですけど

最近の歌詞を見た時に抽象的なものが多いな

思うのです。

 

 

僕はフォークソングや昭和歌謡が

音楽人生のスタートだったので、

自然と情景が浮かぶ歌詞に多く触れてきました。

 

 

そのバックグラウンドを持って今の歌詞を見ると、

抽象的な歌詞やほとんどストーリー性のない歌詞が

世の中に多く出回ってるなと感じるのです。

 

 

歌詞を聴いて情景が浮かぶ方が聴いていて楽しいのに

と思うので、抽象的な歌詞がはびこるのが

ずっと疑問でした。

 

 

そんなある日、ある作曲家さんの作詞講座に行ったときに

あるワーク(作業)があったんですね。

 

 

それは歌詞のお題(コンペシート的なもの)を

出すから今から45分でワンコーラス

書いてくれというもの。

 

 

お題の内容とはこんな感じです。

秋に放送予定の学生青春アニメのOP。

相手に想いを伝えたいけれど伝えられない恋心、

気持ちを表現してください…。

 

 

歌詞を描くことに不慣れな僕はとても短時間では

歌詞を描くことは出来なかったのですが、

全体の総括で先生からこういうことを言われました。

 

 

まず前提として具体的なことは書いちゃダメ。

描いた内容がたまたまアニメとマッチしていたら良いけど

そうでなかった場合は確実に採用にならないから。

 

 

だから

コンペシートに書いてあること以外は書いちゃダメ

なんだと…。

 

 

なるほどなと思いました。

僕はここに世の中に抽象的な歌詞が出回る一つの理由が

あると思います。

 

 

基本的にアニメのOPやメジャーアーティスト、アイドルなどは

コンペを開催して一番良かったのを採用するのが一般的です。

 

 

コンペで落ちたら労働対価は0円なわけですから

当然受かりたいわけです。

 

 

だからコンペに出す人は皆当たり障りのないことを書いて、

広く浅くセーフポイントを持っておくわけです。

下手にチャレンジして落とされたくありませんからね。

 

 

結果、コンペでは抽象的な歌詞がたくさん集まり、

採用されます。

そして世の中に出ていくわけです。

 

 

このようなことを毎回繰り返していれば

世の中に抽象的な歌詞があふれて当然です。

 

 

その他にも時代的な背景が関係していると思います。

80年代までの歌詞は「憧れ」を表現していたのに対し、

90年代からはそれのアンチテーゼとして「共感」が重要視されました。

 

 

「共感」を重要視する流れは現在もまだ根強いですが、

これを重要視するあまり、

抽象的な歌詞があふれてしまうのかなと思います。

 

 

リスナーに共感してもらいたいのですから

ぼんやりと広く浅い部分を押さえていた方が

リスナーの「共感」に引っかかる可能性は多いですからね。

 

 

以上2点のような要素が重なって、

世の中に抽象的な歌詞があふれる結果になっているのかなと思います。

 

 

個人的には具体的な歌詞の方が(日記みたいのは除く)

むしろ曲の世界観が広がると思っているので、

そろそろアンチテーゼが起こってほしいです(笑)

 

 

まぁそれはまた別の話ですけれどね。

 

 

今回は抽象的な歌詞が世にあふれる訳を書いてみました。

皆さんももう一度立ち返って、歌詞のあり方について

考えてみると面白いかもしれませんね。

 

 

それでは!

 

 

このブログでは常時、質問や書いてほしい内容の記事、

自分の曲を添削して!などバラエティに富んだ

アクションを募集してます。

 

 

お気軽に下記のアドレスに連絡ください。

よろしくです。

メール:onpulabo@gmail.com