こんにちは。作編曲家のサカモトです。

 

 

自分で録音したボーカルがなんかプロっぽくならない…

というかマイクも安いせいかなんか野暮ったい気がする

あ~!もうどうすればいいんだ!!という経験ありませんか。

 

 

僕もタイミング修正もピッチもバッチリ合わせたのに

ボーカルの質感がイマイチ…ということが結構ありました。

 

 

本当はマイクを変えれば良いのかもしれませんが、

プロのマイクは普通に30万とかします。

 

 

学生の僕には厳しすぎる額なので、

マイクを買い替えるのは難しい…。

なんとかミックスで改善できないものか…。

 

 

色々思考錯誤した結果、

とある方法に行きついたので

今回はそれを紹介したいと思います。

 

 

みなさんエキサイターって知っていますか?

90年代のボーカルトラックには必ずと掛けると言われていた

倍音を足してくれるエフェクターです(エキスパンダーとも言います)。

 

 

当時はギターのコンパクトエフェクターで有名なBOSSからも

「エキサイター」が発売されていたのですが、あまり売れずに

生産中止になってしまったようです。

 

 

ちなみに、このKemperの下に入っている黒いラックもエキサイターです。

Boowyの布袋がLAST GIGSのときに使っていたみたいですよ!

 

 

このエフェクター、最近ではあまり耳にすることが無くなりました

恐らく使いすぎて淘汰されてしまったのだと思います。

 

 

一時的に爆発的に流行ったものはそうなる傾向がありますよね

80年代に流行ったゲートリバーブと同じ感じです。

 

 

話を戻すと、

このエキサイターをボーカルに掛けてしまおう!というわけです。

 

 

なんて言ったって倍音を足してくれますからね

EQではなかなか出せない効果でもあります。

 

 

使い方としては、インサートに直接挿しても良いのですが、

僕はFXチャンネル(Send&Return)でエキサイターを立ち上げて

そこでレベルを調整した方がやりやすかったです

 

 

掛け過ぎるとボーカルの高域が足されすぎて、

キンキンした薄っぺらいボーカルになってしまうので

隠し味程度の認識で使うとよろしいでしょう

 

 

このエキサイターを隠し味として使うことによって、

ナチュラルなボーカルのヌケを作ることができます。

非常にオススメなので、皆さんも使ってみてください!

 

 

さらにヌケが欲しい+ボーカルをキラキラさせたいときは

コーラスを足してあげるとさらにリッチになって良いかもしれません

僕も加工してごまかした方がいいなと思ったときに使ってます(笑)

 

 

本当はエフェクト掛けなくても良いレベルのボーカルトラックを

もらえればいいんですけど、中々それも難しい世の中なので

今回このような記事を書いてみました。

 

 

皆さんも隠し味にエキサイターを使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

それでは!

 

 

このブログでは常時、質問や書いてほしい内容の記事、

自分の曲を添削して!などバラエティに富んだ

アクションを募集してます。

 

 

お気軽に下記のアドレスに連絡ください。

よろしくです。

メール:onpulabo@gmail.com