こんにちは。作編曲家のサカモトです。

 

 

先日とあるバンドのライブを見に行ってきました。

アマチュアバンドのライブでしたが、

色々気が付いたことがあったのでシェアしたいと思います。

 

 

前にバンドは自己紹介をやった方が良いという記事を書きました。

ライブハウスを盛り上げるためにバンドが取るべき行動

 

 

初めてそのバンドを見るお客さんは自己紹介がないと

どんなバンドか分からないし、興味も持ってもらえないよという

内容でした。

 

 

しかし自己紹介をしないでも

どういうバンドであるのか伝える方法を

発見してしまいました!

 

 

今回はそれを話していきたいと思います。

 

 

 

僕が見に行ったバンドはライブ構成が良く出来ていて、

感情こもった熱いMCをしていました。

 

 

話の中身もつい最近あった嫌なエピソードに対して

俺はこう思って生きていると強く言っていたので、

リスナー側としてはバンド側の空気にのまれてしまいました

 

 

本当にMCをしていたボーカルの方はカリスマ性が半端なかったですね。

でも、彼は日常で会うときはいたって普通というか

カリスマの「カ」の字も感じられないのです。

 

 

これはどういうことなのか考えていくと、

彼はステージ上で「カリスマ」を作りだしているのではないか

と思うようになりました。

 

 

日常ではカリスマを感じないのに「ステージに立ったらカリスマを感じる」

というのは「カリスマは作ることができる」という証明なのではないかということです。

 

 

そう考えていくと「カリスマ」とは、

リスナーの解釈に作用される部分が大きいと感じます。

 

 

僕は、

「カリスマを感じるという状態は、リスナーが心を動かされたときに発生するもの」

なのではないかと分析しています。

 

 

と言いますのも、「感動する」という現象は、

すなわち感情が動かされるから発生するものです。

 

 

カリスマを感じたときって、

自分の心の奥にその人に対する憧れや羨望などがありませんか

 

 

昔のロックスターとかはそれが顕著で

BOOWYの氷室恭介とか尾崎豊などのアーティストは

凄まじいカリスマ性と人気を誇っていました。

 

 

最近だとMy Hair is Badの椎木知仁さんとか

BULE ENCOUNTの田邊駿一さんなどを

イメージしていただけると分かりやすいと思います。

 

 

上記に紹介したアーティストはみんな

魂のこもったMCをしますよね。

 

 

特にBULE ENCOUNTのライブは

MCで感動しすぎて泣き出してしまうファンもいるようです

 

 

このように、人は心を動かされたときに

「カリスマ」を認識するのと思うのです。

 

 

それでは一体どうすれば相手の心を動かすことができるのか。

バンドがMCでやることはただ一つだけです。

 

 

それはズバリ!

自分たちの決意や想い、すなわち「感情」をMCで話すことです。

 

 

「感情」を語ることで相手の心に直に訴えることができる、

すなわち相手の心を動かすことができます。

 

 

僕が見に行ったバンドはアマチュアバンドにも関わらず、

お世辞にもチケット代が安いとは言えませんでした。

 

 

しかし彼らの熱いMCを聞き、演奏を聞くと感動したんですね。

演奏面ではまだまだ甘いところもあるけれど、

それでも「なんて良いライブなんだ」と思えたんです。

 

 

もし、彼らがMCで

今日食べたご飯の話とかしかしていなかったら

感動しなかったでしょう。

 

 

まして、ずっと曲やられてもちっとも感動しません

それってただバンド側が自分たちの曲を聴かせたいという

エゴに過ぎませんからね。

 

 

たくさん良い曲を聞いてもらって楽しんでもらいたいという

気持ちは作り手としてよくわかります。

 

 

ですが、はっきり言って、初めて見るバンドの曲なんて

お客さんから言わせるとさほど興味ないんです

 

 

実際、僕は彼らの演奏する音楽のできた背景、

ストーリーに価値を感じたんです。

音楽はその次です。

 

 

手順としては、まず

①お客さんに自分たちのストーリー、感情を売る

②それから良い曲を聴かせる

③お客さんが感動して、運が良ければファンGet!

 

 

こんな感じで進めていくのが一番良いと思います。

この手法はライブだけでなく、SNSや生放送などでも使えそうですね!

 

 

つまり僕から言えることは一つだけ。

バンドは音楽でなく、感情を売ることを最優先にしろということ

本当にこれだけで、バンドの価値が跳ねあがります

 

 

いかがでしたでしょうか。

こういう考え方でライブをやっているバンドって

意外と少ないんじゃないかなと思います。

 

 

バンドをやっている方は

ぜひ次のライブで取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

それでは!

 

 

このブログでは常時、質問や書いてほしい内容の記事、

自分の曲を添削して!などバラエティに富んだ

アクションを募集してます。

 

 

お気軽に下記のアドレスに連絡ください。

よろしくです。

メール:onpulabo@gmail.com